朧月夜と山と蜃気楼

毎日の日常の中で、「兄ちゃん」の意味合いって、なんなんだろう。無関係と思うだろうか。「100%ジュース」は、君にとってはどんな意味があるんだろう。
ページの先頭へ
トップページ >

息絶え絶えで口笛を吹く子供と気の抜けたコーラ

甘いお菓子が大変好きで、洋菓子やようかんなどをつくるけれど、子供ができて自作するものが限られた。
私たち親がめっちゃ喜んで食べていたら、子供がいっしょに口にしたがるのは当然だから娘も食べられるバウンドケーキを私がつくる。
自分は、チョコ系のケーキがとっても好きなのだけれど、しかし、娘にはチョコ系などは小さなうちは食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやバナナをいれた蒸しケーキが体にもいいので、砂糖をひかえて入れて混ぜて焼く。
笑顔でうまいと言ってくれたら、非常につくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

雲が多い土曜の朝はシャワーを
わたしは、肌が弱く、ファンデーションは当然使えないし、ケアも限定されている。
そのことから、野菜や飲み薬の力に任せているが、近頃摂っているのがコラーゲンだ。
緑茶に混ぜて、毎日愛飲しているけれど、ちょっとは素肌がつやつやになった。
それに、飲み始めてから実感するまで即効性があったので、嬉しかった。

熱中して口笛を吹くあなたと夕焼け

ある真夏の昼前。
少年は空き地で、アリの行列が死んだ虫をせっせと運ぶところを注意深く観察していた。
蟻たちはがんばって動き回っているのだが、虫の死骸ひとつでこんなに大勢のアリがいても、無駄なんじゃないかと、少年は不審に感じた。
少年は、アリ達の運んでいる虫の死体をとったらどうなるだろう、という好奇心がわいてきた。
でも、今回はただただ観察し続けることに決めた。
とても暑い日だったので、少年の汗が顔中からあふれ、ポタポタと地面に落ちた。

気どりながら叫ぶ彼と紅葉の山
このごろ、小説をほとんど読まなくなった。
学生の頃は、ほぼ毎日読んでいたけれど、このごろ、仕事が忙しいし、小説を読む時間をつくりにくい。
もし時間があっても、ゆっくりと好きな小説をじっくり読むという心になかなかなれないので、読んでいたとしてもおもしろく感じられない。
だけれど、ものすごく楽しめる小説に久しぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説が好きなので、お二人が新人賞をとった群像文学新人賞が私の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
しかし、次の世代の光っている新人小説家がいないかと気になるからまた読んでみたい。
だけど、純文学なのだからと無理やり難しい単語を使っているけれど中身が伝わりにくいものも多いから残念だ。

どんよりした平日の夕暮れは想い出に浸る

子供とのコミュニケーションをとればとるほど、子供はめちゃめちゃ私につきまとってくれるようになる。
生まれてすぐは、仕事の業務がものすごくヤバく、顔をあわせることが珍しかったため、たまたま抱きしめても近寄ってくれなかった。
実の親なのにとつらい心ざまだったが、仕事の業務がヤバいからと絶望せずに、足しげく、休日にお散歩に連れていくらようにした、抱えても、お風呂でも泣かなくなった。
最近、出勤で車に行く時、俺が居なくなることが寂しくて涙を流してくれるのが嬉しい。

汗をたらしてダンスする先生と草原
会社員だったころ、いまいち退職するチャンスが持てなかった。
絶対辞職したかった訳ではないから。
働く情熱がないのかもしれない。
面倒になって、その時、本気で今月で辞職すると口にした。
こんな日に限って、いつもはちょっと厳しいと感じていたKさんが、声をかけてきてくれた。
話がそれて、ほとんど事情を知るはずもないKさんが「今の仕事、難しいよね。君はもう少し頑張れるよ。」と言ってきた。
色々あったので泣きそうになった。
これも何かのきっかけだと思い、その日の帰りに、教育係に退職をなしにしてもらった。

ぽかぽかした祝日の早朝はこっそりと

昔から、会社やするべきことに追われて、そこまでフリーの時間がない。
少しの空き時間が手に入っても、なぜか次の仕事のスケジュールなど、今後の締切が頭の隅にある。
そんな中、丸一日など休みができると、かなり嬉しくなってしまう。
さて、この少しだけ空き時間をどんなふうに使おうかと。
だいたい、毎回、あれもしたい、これしたい、といった願望のみが重なり、完全には上手くいかない。
特に私はゆっくりペースなので、あっと言う間に時間は経過。
時は金なり、なんて正に明瞭だと思う。

凍えそうな水曜の午前は冷酒を
歩いてすぐに海があるところに私たち家族は、家があり暮らしているので、近くで地震があった場合の津波を母が心配な気持ちをもっている。
ことのほか大地震後は、どれくらい海から離れているのかとか逃げるルートは周辺にあるのかとか問いかけてくる。
私と妻も心配だけど、しかし、たやすく条件のあう物件も見つかるわけではない。
だけど、本当に高波がやってくるとなった場合に避難する道のりを決めておかないとと考えるですが、防波堤周りしか高台へ行く道路がないので、しっかり想定してみたら怖いと思った。

無我夢中で叫ぶあの人と冷めた夕飯

チカコと福岡市内のAbercrombieに行った。
心からアバクロンビーのファッションデザインが気に入っている。
あと、店内の高級感と、この香りが。
3時間程うろうろして、店を後にした。
気付いたら、自分が通路を占領して、通れない人が後ろにいたので、すみません!と言い後ろを見た。
見ると、店にいた男性。
笑って、ありがとう、と言っていた。
驚いたのは、彼の荷物。
アバクロンビーでいったいどれくらい買い物したの?と疑問が生まれた。
その後、スタバでチカコとそのお兄さんの職業予測で盛り上がった。
答えは謎だけど。

無我夢中で自転車をこぐあなたと草原
ネットでニュースを毎日見るけれど、紙の媒体を読むのもけっこう好きだった。
現在は、費用がかからないで閲覧できるネットニュースが色々あるので、新聞、雑誌はもったいなくて買わなくなった。
ただ、読み慣れていたからか、新聞のほうが少しの時間で多くの量の内容を手に入れることができていたけれど、ネットのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで調べやすいことはある。
一般的なニュースから関わりのある深いところまで見つけていきやすいけれど、一般受けしなさそうな情報も新聞は小さくても記載しているので目につくけれど、インターネットニュースだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカの債務不履行になるかもという話題が目につく。
債務不履行状態になるわけないと普通思うけれど、もしそうなったら、日本もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

関連サイト、お役立ちサイト紹介


一番安い引越業者
格安の引越し会社は、一括見積もりで見つかる。1番安い引っ越し屋さんを見つけて予約しよう☆
Copyright (c) 2015 朧月夜と山と蜃気楼 All rights reserved.